エンド・カンナビノイド・システム(ECS)

また 新しい言葉 です なんなんでしょうか 

日本臨床カンナビノイド学会HPから 調べると 以下です。
むずかしいな という方は、最後に 私なりに要約していますので 
そちらをご覧くださいませ

 体内には、地球上で生きていくために本来備わっている身体調節機能=ECS(エンド・カンナビノイド・システム)があります。ECSは、食欲、痛み、免疫調整、感情制御、運動機能、発達と老化、神経保護、認知と記憶などの機能をもち、細胞同士のコミュニケーション活動を支えています。

 ECSは、1990年代に発見された“アナンダミド”と“2-AG”と呼ばれる体内カンナビノイドとそれらと結合する神経細胞上に多いカンナビノイド受容体“CB1”、免疫細胞上に多いカンナビノイド受容体“CB2”などで構成され、全身に分布しています。

 最近の研究では、ECSは、外部からの強いストレスを受けたり、加齢に伴う老化によって、ECSの働きが弱り、いわゆる「カンナビノイド欠乏症」になると、様々疾患になることが明らかになってきました。

 これらの作用を利用したカンナビノイド医薬品(イギリスGW製薬のサティベックス)が2005年にカナダで多発性硬化症の痛み改善薬として承認され、てんかん、ガン疼痛、神経膠腫、2型糖尿病、潰瘍性大腸炎、統合失調症などの疾患の臨床試験が進んでいます。 
日本臨床カンナビノイド学会HP引用

要約すると

免疫や成長 神経系のバランスやいろんな 機能を支えている 体のシステムのこと 

超ザックリ

ということです。

その他RECEPT関連のページ

CBGのメリットとアントラージュ効果とテルペンとは

RECEPT成分や販売元情報は購入はこちら